カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

松の司 産土 うぶすな1800ml



松の司に新たな新商品が発売となりました。
その名も松の司 産土【うぶすな】
コンセプトは「この土地で産まれた恵みを大切に、「本質を目指した普通酒」

松瀬酒造さんから普通酒?
「松の司」の酒造りは、美味しい酒を造り届けることはもちろん、松瀬酒造さんが理想とする日本酒の姿・本質を追求し、産地や生産者の思い、そしてこの竜王町という土地に貫徹するものを酒に投影していくことも造り酒屋としての責務と考え、新たな普通酒”産土”を発売することとなりました。
辞書によれば
産土とは人の生まれた土地「一の神」、生まれた土地の守り神、産地神/うぶすながみの略などとあります。竜王という土地のつながりを大切に、『この土地に感謝し、この土地で産まれた米、その米から生まれた酒で感謝を還す』という思いを込めて”産土「うぶすな」”と命名し誕生いたしました。

竜王産酒米のレベルアップにより生じたこと
2016年より竜王町産の酒米(山田錦、吟吹雪、渡船)の選別基準を大変厳しいものに変更しました。その結果には大変満足しておりますが、その一方で優良な選別除外の酒米が大量に生じることとなり、ほんのわずかな米粒が小さいだけで、その選別除外米は純米酒という特定名称を記した酒に使用することはかないません。松瀬酒造さんでは特定名称を名乗るために地元の優良な原料米を使用しないという事を決断したくはなく、そこでこの選別除外米を生かした純米酒でありながらも普通酒を造る事に決めました。日本酒の本来の姿や本質を追求し、醸造アルコール無添加=純米造りの”普通酒”へと「松の司」は踏み出しました。



松の司の酒造り

日本酒「松の司」の酒造りは、つねに自分らしく在りたいと考えています。「松の司」であるためには、地元で育んだ酒米や地下120Mから吸い上げる仕込み水など地元の素材セレクトから始まります。
 地下120Mの大きな岩盤の下を流れる鈴鹿山系愛知川伏流水を仕込み水とし、契約栽培により栽培法を定め十分に審査された酒米山田錦を蔵人がゆっくりと時間をかけて精米をします。酒に味わいをつける麹蓋による麹造りや、酒質に影響する自家培養酵母菌による速醸酒母と昔ながらの蔵付酵母菌による山廃酒母の採用、また、発酵温度を低温に押さえながらも完全発酵を目指す小仕込(最高1.5t以下)によるモロミ工程、そして、1.8リットル瓶詰貯蔵による熟成管理など、永年の経験によるできる限り丁寧な手造りで、深遠な味わいの「松の司」を醸し出します。

松の司の美味しさの秘密

日本酒「松の司」は、酒質に合った貯蔵・熟成期間が大変重要です。中軟水の仕込水と蔵くせのために、基本的な「松の司」の味わいが酒質に出るまでには仕込終了後より最低6ヶ月の熟成期間が必要です。もっとも美味しくなるのは、純米吟醸表示の商品で1年、大吟醸表示の商品については2〜3年の熟成期間が必要です。定められた貯蔵条件で経過を過ぎたものは、当社が永年の経験による日本酒の集大成された完成品です。  この熟成期間を解り易くするために商品の裏ラベルには、仕込終了後瓶詰貯蔵された西暦年度が入っています。(2009年産からは、原料米の収穫年度表示に変ります。変更予定表示2008(20BY))この瓶詰貯蔵時期は毎年4月なので、「松の司」が基本的な味わいの酒質になるのは毎年10月頃です。

 「松の司」の貯蔵・熟成については、総ての光を遮断した上で、ラベル表示が生酒・生詰のものは摂氏5度以下、それら以外の表示(火入れ酒)のものは摂氏15度以下で貯蔵されています。(松瀬酒造さんHPより抜粋)

松の司 産土 うぶすな1800ml

メーカー:松瀬酒造
価格:

2,187円 (税抜 2,025円)

購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

■ 商品説明

松の司 産土 うぶすな1800ml 日本酒通販ショップ

■ 商品仕様

製品名松の司 産土 うぶすな1800ml
メーカー松瀬酒造

酒米:山田錦、吟吹雪、渡船など酒造好適米選別除外米 酵母:14号




お買い上げのお客様へ
日本酒&ワインなどご注文が1本もしくは2本の場合は
ヤマト運輸さんご指定の破損防止専用酒BOXを使用させていただきます。
破損防止のためご協力のほど宜しくお願い致します。
1800ml 1本入 184円 2本入 281円
 720ml1本入 151円 2本入 216円
その他はリサイクル箱等(無料)を利用させていただきます。

ページトップへ