銀行のディレクターだったジャン・シャルル・メイルが、1991年にドメーヌを立ち上げ栽培・醸造を行ってきましたが、2014年を最後に引退を決めており、跡継ぎのいない彼はドメーヌ存続の為、ボーヌでワイン醸造を勉強し地元に戻って来たシリアル農家生まれのエミリー・ジェラール夫妻に引き継ぐ事にし、約2年ほど農作業や醸造を教えてきました。
本来ならばその後1~2年も手伝いながら教えていく予定でしたが、2015年12月突然の病で帰らぬ人となりました。
今回ご案内の2014年のワインが彼の最後の醸造となります。
2014年のシャルドネ1回目の瓶詰とプールサールはジャン・シャルル・メイルが瓶詰し、シャルドネ2回目の瓶詰、サヴァニャン、トゥルソーVVは彼が亡くなった後に2人の娘達が瓶詰めしたものとなります。
瓶詰め時期が異なる為、同じシャルドネではありますが味わいに違いが感じられます。
表示切替: 在庫:
1件中1件~1件を表示
1件中1件~1件を表示

2019年10月20日(日)

13:00~16:00

会場:まちなか広場 マチニワ

前売券:3500円

(ワイン5杯分チケット付き)

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間
平日&土曜日 
10:30~19:00
日曜日
10:30~18:00

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ