トリノでエンジニアとして働いていたエウジェーニオ バルビエリは、化学物質や石油エネルギーに大きく依存した慣行農法を行う大規模な農業経営の発展の影で、1900年代の初頭には当た り前のように行われてきた、自給という考えに根ざした小規模な循環型農業の衰退と、耕作放棄されていく高樹齢のブドウ畑を目の当たりにし、90年代終わりに生まれ故郷であるヴォゲーラ南 部、オルトレポー パヴェーゼの生産地域としては西端にあたるリヴァナッツァーノに戻ることを決意する。

現在農場の総面積は17ha、うち5haがブドウ畑、残りは畑、牧草地、森林となっている。家 畜・家禽も飼い、飼料も自家生産、家畜のフンから堆肥を生産する循環型の有機農業を実践する。家畜・家禽とも主に自家消費のためだが、残りを食肉もしくは加工品として販売もしている。

ブ ドウ畑でも、ボルドー液以外の一切の農薬を使用せず、収穫されたブドウも、エウジェーニオがブドウ品種の個性とテロワールを最大限に表現していると考える品質のものだけで醸造を行い、 残りのブドウは売却してしまう。醸造はステンレスないしセメントタンクでブドウ品種ごとに行い、マセレーションの期間も45~60日と長期間にわたる。

醗酵、熟成期間中は一切酸化防止剤を添加 せず、ボトリング直前にのみ少量使用。ライロンは、ウーヴァ ラーラのこの地方での呼び名で、ステンレスタンクで熟成。ノヴェチェントは、500~750リットル入りの古樽で熟成。(インポーター情報)
表示切替: 在庫:
3件中1件~3件を表示
3件中1件~3件を表示

2019年10月20日(日)

13:00~16:00

会場:まちなか広場 マチニワ

前売券:3500円

(ワイン5杯分チケット付き)

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間
平日&土曜日 
10:30~19:00
日曜日
10:30~18:00

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ